1行紹介

2007年 秋 podcast始めました。

自己紹介文

podcastを始めようとしています『げんちゃん』です。
東京の片隅【第4スタジオ】から、皆様の下へ番組をお届けします!

以下、プロローグ。

僕が小学生の頃、友達から『ラジオで面白い番組やってるよ』と言われ、
何気なく聞いた文化放送”吉田照美のふっかいあな”にラジオ番組の不思議な世界を感じ、以来数十年…。
社会人になった今も、暇があればラジオを聞いています。

そんな私が最もラジオに”はまって””親しんで”いたのは中学生の頃。
朝のワイド番組から、夜の青少年向けのラジオまで、オンタイムで聴けない番組は、
当時としてはなかなか難しいタイマー録音を駆使して、毎日楽しんでいました。

ところで・・・ 皆さんの町にもラジオの中継って来ませんでしたか?
中学生だった私と親友Nは、番組冒頭で発表される中継先が自宅から近いと、自転車を走らせよく出掛けたモノです。
当時は池袋に住んでいたのですが、最長だと埼玉の川口付近まで!1時間ちょっとかけ行った記憶があります。
常連(?)となったあたりには、中継スタッフと待ち時間にキャッチボールなんかしたりして、その嬉しい感じがたまらなくて、また行ってしまう…。
今振り返ってみても、実に単純な中学生だったと思う。

同じ時期に学校の”放送委員長”でもあった私は、周りを巻き込み興味のある”ラジオ”にどんどんはまってゆく事になります。
中でも当時最も執着したのは、”ベリカード”集め。
放送局に受信報告をすると、技術部から認証のカードが頂ける。
これを”べリカード”と呼ぶのですが、中学生の私は、池袋という受信環境の悪い所から、北海道や大阪のラジオとかを良く聞きました。
八丈島で名古屋・CBCが聞こえた時も、驚いたなあ。


高校生となった私は友人らとミニFMと呼ばれるものを開局したり
それが災いして放送に興味を覚え、放送芸術科のある専門学校に進学
そして大人になったと同時に放送業界に就職するのでした。

そんなオッサンが今、再び
パソコンやインターネットを覚え
ポッドキャスティングに興味を抱き、専用ブログを立ち上げました。

とても”放送”とか”ラジオ”とは言いがたいですが、
興味が生まれた方はクリックしてみてください。